カテゴリ:drama & cinema(その他)( 4 )

『シェフと素顔と、おいしい時間』

公開時、観たいリストに入れながらもそのままだった一本。
やっと観ました〜←ねかしすぎでは(^^;)
『シェフと素顔と、おいしい時間(Décalage horaire)』('02)

歳を感じさせないジュリエット・ビノシュ、あいかわらずかわいいね。
今作品ではメイクアップ・アーティスト役とあって、めずらしくばっちりメイク。
こっちも似合いますが、ナチュラルなジュリエットの方が断然好き〜!
そして、ジャン・レノ(ドラえもん…)がわたしの脳内イメージより細くて驚き。
神経質そうなシェフにまさにぴったり。

ゼネストの混乱のシャルル・ド・ゴール空港で偶然出会った二人。
一見生活も性格も、接点共通点もなさげな二人が、
ふとしたきっかけで会話して少しづつ知り合っていくお話。
途中、ジュリエットがプチエコリエ(フランスのLUのチョコビスケット)を
すすめるシーンが! あれ美味しいよね。
久々に食べたくなりましたo(^▽^)o

大人のおとぎ話?でも見終えてなんだかあったかい気持ちに。
空港のざわざわした雰囲気、非日常感がたっぷり楽しめるので
旅好きな方にもオススメです。
[PR]
by banoffi | 2012-05-08 00:00 | drama & cinema(その他)

『しあわせのパン』

c0204571_2319875.jpg

現在公開中の『しあわせのパン』見てきました〜(^^)

大泉洋さんとパン。
大好きなふたつがみっちり入って大満足♪
北海道の自然が美しくもあり、厳しくもあり。
月浦って洞爺湖周辺なんですね。
この「cafe mani」のロケーション、湖畔ですごく素敵で、
こんなところでぼーっとお茶したいなあ。
(調べてたら、「cafe ゴーシュ」さんという本当の店舗を
使っているみたいですね)

洋ちゃんはいつものぼやきはどこへやら(笑)
奥さんを見守る、口数の少ないやさしいだんなさん役、好演でした。
パンをこねるシーンも上手!
野菜畑でトマトを収穫するシーンは、
シェフ大泉 夏野菜スペシャルが思い出されて
しょうがなかったけどね(爆)
それにしても知世さん、年齢を感じさせない!かわいすぎる〜。

見終わったら、パンが食べたく&こねたくなりました。
となりの女性2人組も「パン買って帰ろう!」って言ってたなあ(^^)
ゆったり、あたたかい気持ちになる映画です。
[PR]
by banoffi | 2012-02-02 23:43 | drama & cinema(その他)

『RED』

『RED』(2010)
タイトルは、Retired Extremely Dengerous=「引退した超危険人物」の意。
その名の通り現役時代はCIAエージェント、
引退した今は年金生活者や介護ホームで暮らす主人公達。
個人的にはあまりアクション系は好きではないんですが、
ヘレン・ミレンが出てるのでチェックしてたんですー♡

彼女演じるヴィクトリアはもとMI6、凄腕スパイ。今はゲストハウスのオーナー。
マーサ・スチュアートばりに完璧に手入れされた屋敷の中で
優雅に花をいけているかと思えば、手元には武器。
昔の仲間がやってきての作戦会議は、猛者達みんなきちんとテーブルについての
アフタヌーンティときてます(笑)←女主人ですからお給仕も彼女が!
パーティに潜入する時は白いロングドレスなんですが、さすがにお似合いです。
後ほど、このエレガントなドレス姿で普通にマシンガンをぶっ放すわ
敵と戦うわ大忙し(笑)

キャストが魅力的な熟年俳優ぞろいというのがまたいいですね~。
若造にはまだまだ負けない!というテーマがおもしろい。
「若さ史上主義」って自分が若い頃はいいけど、どんな人も年をとるからね。
現在続編作成中とのことで、これはちょっと楽しみにしてます。
[PR]
by banoffi | 2011-08-20 08:00 | drama & cinema(その他)

海外ドラマ好きのつれづれ

英国ドラマ以外も観るのです(^^)

NHK BSでやっていた『グッド・ワイフ』の録画をやっと見終えた最近。
(最終回が震災の直後…予約録画してあったもののそのままだった)
主人公アリシア役のジュリアナ・マルグリーズが好きで、
軽い気持ちで見はじめたら、かなりおもしろい…はまりました。
それにしても夫のクリス・ノースはどんぴしゃのキャスティング(笑)
気になる続き…現在放送未定とのこと。
(でももちろん信じてますよ、NHKさん!)

今でこそ、海外ドラマはスカパーやらWOWWOWでどんどん放送されたり、
レンタルも幅広く取り扱ってて、選択肢もいっぱいだしね。
ずいぶん敷居が低くなったなあ、いい時代だなあと思う。
若かりし頃のわたしの場合、基本はNHK+レンタルビデオ←安い時ね(笑)
『大草原の小さな家』は小さい頃からの愛読書でもあり、
想像と重ねて観ていたなあ。
同じく開拓時代の『ドクター・クイン』も大好きだった。
『ツイン・ピークス』でチェリーパイに憧れ、
『ビバリーヒルズ高校白書』『青春白書』でパーティーやらプロムに憧れ(爆)
『ダーマ&グレッグ』もおもしろおかしくて好きだったな〜。
そうそう、なぜか年末年始によく放送されてた『名探偵ポワロ』や
『ミス・マープル』! すごく楽しみにしてた。

何年か前に、遅ればせながら観た『SATC』は、
途中から俄然おもしろくなって全話観ちゃった。
(最初の何話かであきらめなくてよかったよ(笑))
『ER』は深くておもしろい、登場人物の人間味がすごく出ているドラマ。
何度も泣かせられたけど、一番号泣だったのは
やっぱりグリーン先生の退場でした。

海外ドラマは、その国の生活や風景、歴史を楽しめるだけでなく
いろいろ考えさせてくれるところがおもしろいですね。
ネタはいっぱいあるので、また書きそう(笑)
[PR]
by banoffi | 2011-07-09 08:00 | drama & cinema(その他)