<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ペティグルーさんの運命の一日』

『ペティグルーさんの運命の一日
(MISS PETTIGREW LIVES FOR A DAY)』('08)
↑ビデオ未発売のため簡単なあらすじを。

第二次世界大戦直前、イギリス参戦迫る時期のロンドンが舞台。
主人公の家庭教師グィネヴィア・ペティグルー(フランシス・マクドーマンド)は
持ち前の正義感が原因で次々に雇い先をクビになり、
さらに全財産が入ったトランクをなくし、ホームレス状態に。
せっぱつまった彼女は、斡旋事務所に行くも紹介を断られ、
内緒で手に入れた名刺の女性デリシア・ラフォス(エイミー・アダムス)の
もとに、単独で乗りこんでみたところ、思いがけない現場に出くわしたことで、
彼女の人生が変わって行く…というストーリー。

この時代、結婚適齢期を過ぎた労働階級女性の仕事は
家庭教師(ガヴァネス)が多かった様で、グィネヴィアもまさにそうですね。
なぜ独身で孤独なのか…というのは話が進んで行くうちに判るのですが。
対してデリシアはアメリカ出身のクラブ歌手。
その美貌を活かし、いつかは女優にという野望をもって
複数の男達の間を上手く飛び回る…というとイヤな女に聞こえるけれど、
演じるエイミー・アダムスが可愛くて天真爛漫で、憎めないのです。
若い華やかな世界で生きる世代(デリシア)と
年上で現実の厳しい世界で生きる世代(グィネヴィア)、
共通点がなさそうな二人を中心にしたやりとりがおかしかったり、
しんみりしたり。でも求めるもの、大切なものは同じ?

出てくるマンションの部屋のインテリアや衣装なども素敵だし、音楽も◎♪
サボイ・ホテルやバーリントン・アーケードも出てきて、英国好きには楽しい。
恋敵のブティック・オーナー役のシャーリー・ヘンダースン、
デザイナー役のキアラン・ハインズも良かったな。
ストーリーは予想できる運びだけど、こういう映画、結構好みなんです。

日本で公開されていない、大作じゃないけど「いい映画」、
特に英国ものは結構あると思うのですが…。
今回「掘り出シネマ」として放送してくれたスター・チャンネルさん、
これからもぜひいい作品を掘り出してください! 期待しています〜♪
[PR]
by banoffi | 2010-07-31 08:00 | drama & cinema(UK)

COSTCOは楽し

COSTCOの会員になって、そろそろ二年弱。
外国のものや珍しいものが買えるスーパーはわくわく、楽しいですね。
毎回買うもの、お気に入りのもの、一度で懲りるもの(爆)…
好みには個人差があるので、絶対ではないですが。
いろいろ試してみるのも、また楽し。

さて、使っているお気に入りのシャンプー・リンスもCOSTCO購入品。
もうすぐなくなりそうなので、買いに行きました。
c0204571_165986.jpg

「北海道良品 ラベンダーシャンプー&コンディショナー」
COSTCOでも海外のものばかりでなく、国産品もかなりあります。
このシャンプー&コンディショナーは香りも自然で良いのはさることながら、
洗い上がりがさっぱりしていて(必要以上に残らない感じ)いいのです。
以前石けんシャンプーを数年間使用していたけれど、
香りの良いものを使いたくなって、切り替えました。
1000ml入り、¥898-なので長持ち&コスパ良しというのも◎!

この日はフルーツに結構目が行き。
c0204571_17113251.jpg

大好きなアメリカンチェリー。907g¥1,180-。
甘くて美味しかった〜! しばらくチェリー漬けの日々を堪能(笑)

c0204571_17121076.jpg

ブルーベリー。Special Priceでお買い得。510g¥538-。
フレッシュで楽しんだ残りは冷凍。何に使おうかな〜♪

これはCOSTCO名物大袋。まくらサイズ(爆)
c0204571_17211886.jpg

オーガニックのトルティア・チップス。 
サルサソース(Paceのソース、以前より分量少なくなった代わりに
二本組になった??使いやすくなったと思うので買ってみた)もセットで。
タコスやナチョスに使うつもり!
メキシコ料理、夏になると無性に食べたくなります〜。
[PR]
by banoffi | 2010-07-29 18:17 | COSTCO

のんびりアメリカ気分、ジョンソン・タウン@入間

c0204571_23192480.jpg

入間方面にお出かけついでに、最近気になっていた所へ寄ってみました。
ジョンソン・タウンです。
元米軍ハウスが立ち並ぶ住宅地は、まるで日本ではないような風景。
何が違うのかな?
テラスつきの平屋がほとんどなので、景色が横長なんですね〜。
c0204571_23132092.jpg

ここはカフェや雑貨屋さんなど店舗もありながら、住宅地でもある為、
のんびりとしたムードが漂っていました。
c0204571_23413657.jpg

まずは入口にある米粉のパン屋さんKoigakuboに立ち寄って、
お昼時なのでお腹がへり(爆)ついつい総菜ものばかり購入。
一足お先に散策していた夫から、
「奥にものすごく気持ちのいい公園があるよ〜」との電話を受け、
今日のランチは公園で急遽ピクニックに決定!

ずんずんずんと進んで行くと…
c0204571_23465110.jpg

ほんとだ〜、広い! この日は猛暑だったせいか、人もあまりいなく静か。
こんな公園が近くにあったら最高!
早速購入したパン達をいただきます♪
c0204571_2353311.jpg

↑「カレーとチーズのナン」
c0204571_23535556.jpg

↑「バジルとチキンのピザ」食べかけです…(汗) 
c0204571_23552424.jpg

↑「ダークチェリーとサワークリームのデニッシュ」 
    この組み合わせは見るとつい買っちゃう。
えー、これは一部です、もっと食べてます(笑)
米粉パンということでもっちり食感&後味がやさしい感じ。
米粉は80%使用なのだそうで、食べやすい米粉パンだと思います。
かつバリエーションも豊富だったので、また他のパンも食べ比べてみたいな。
思いがけずアメリカ&ピクニック気分を楽しめた一日でした。
[PR]
by banoffi | 2010-07-24 08:00 | ちょいとおでかけ

TESCOのRich Tea Biscuits

この薄くぱりっとした、「いかにもビスケット」らしい王道のビスケット。
マリービスケットに似ているけど、もっとあっさりしている様な?
日本のTESCO Expressにて購入。
c0204571_051123.jpg

日本のものに比べると、パッケージもシンプル(笑)
一度開封するともれなく全部出てくるので、この時期は湿気に注意ですね。

ビスケット…忘れられない思い出があります。
ホームステイ先のキッチンの棚には、
様々なビスケットが入った大きなタッパーがあり、
(おそらく、一度開封したビスケット達の行き先だと思われる)
一日に何度もあるお茶の時間に、ちょっと一口甘いものという時に
さっと取り出す…昔の日本のお茶うけみたいなものかなあ。
ある日、ホストファーザーと二人でお茶していたときのこと。
「dunkする(=ビスケットを紅茶にひたす)とウマイぞ!」と
こっそり教えてくれたのです。
"Not polite,but good"(行儀は悪いが、味はウマイぞ!)
きっとホストマザーがいないときにこっそりやっているんだろうなあ〜と
思いうかべたら、おかしいやら微笑ましいやら。
もちろんその時は二人そろって「dunk」して食べました。
そして、今でもビスケットを見ると、
ついあの時のことを思い出して、一人にやにやしてしまうのです♪
[PR]
by banoffi | 2010-07-15 08:00 | 外国のSuperMarket

cafe couwa@久喜 oishii

いつもどこかに出かける時は、下調べを欠かしません。
特にごはんとひと休みできる所!
美味しくて雰囲気もいい、そんな所ならベスト。
(これって大事ですよね!)
今回も同様に調べていたら、気になるお店発見〜!
cafe couwaというお店です。
c0204571_083688.jpg

ブルーフェスティバル会場からほど近い、
でもここにカフェが?!という意外なロケーションにそのお店はありました。
一見すると昔の商店のような外観に、
夫はあやうくそのまま通過する所だった(笑)
中に入ってみると…昭和22年(!!)の古い家を改装していて、
レトロさと昭和と外国の物と…がいい感じでミックスされている感じ。
入り口付近には雑貨や食器類、ジャムなどのショップコーナーがあったり、
店内にはセレクトされた絵本や雑誌、懐かしの黒電話もディスプレイされて。
c0204571_0122279.jpg

昭和生まれには大変落ち着くこのムード(笑) ほう…。
お腹もへっていたので、まずランチをオーダー。
確か「タコライス」と「豚のネギ塩炒め丼」だったかな?
(↓写真はタコライス。ちょっと暗めの写真ですが…)
c0204571_0171484.jpg

これが、両方ともとても美味しくて、ボリュームもあって大満足!
「お肉大好きの男性も、野菜好きな女子も満足できるカフェランチ」
だと思います。
素材にもこだわっていらっしゃる様で、お野菜は地元の菖蒲町産とのこと。
食後に頼んだ「チョココーヒーボウル」というコーヒーゼリーのパフェと、
ホワイトチョコを使ったカプチーノも美味しかった。
古い物に囲まれると落ち着くせいか、
すっかりくつろいでまったりと時間を過ごす。
こんなカフェ時間は久しぶりだな〜。
他にもいろいろトライしてみたいメニューがいっぱい、
ぜひ再訪したいお気に入りの場所がまた一つ増えました♪
[PR]
by banoffi | 2010-07-08 08:00 | cafeめぐり

実野里ガーデン@久喜

続いてやってきたのは、すぐ近くにある『実野里ガーデン』
ずっとチェックをしていたガーデンだったので、
こんなに近くならちょうどいい、行かなくっちゃ〜!
一見「あれ?ここ?」と思う様な立地に、本格的なガーデン&ナーサリーが!
c0204571_23153584.jpg

シンボルツリーであるフリーシアの根元にもいろいろ植栽が。
ジギタリスとホスタが素敵〜♪
c0204571_23165519.jpg

この感じ! イングリッシュガーデンがお好きな人はたまらないはず…。
c0204571_2327235.jpg

駐車場をはさんで反対側に再現されていたのは、
第10回国際バラとガーデニングショウで展示されていた
「ピーター・ビールスのシンボルガーデン」。
c0204571_23351299.jpg

ローズガーデンだけあってバラがたくさん! 
写真を撮った中で一番美人だったのは、
この赤色が印象的な「フランシス・デュプリュイ」。
あとひと月早かったら、お庭中のバラが満開でさぞきれいだったでしょうね〜。
こちらでは英国の「ピーター・ビールス・ローゼズ」と
「デイビット・オースチン・ローゼズ」のバラ苗を扱っているとのこと。
(両方とも世界的に有名なバラのナーサリーです)
いつか我が家にも…! 今はカタログでイメトレ&妄想中(笑)

そうそう、寄せ植えさんたちも参考になるものがいっぱい。
c0204571_23465991.jpg

c0204571_23475675.jpg

c0204571_23481498.jpg

植物の組み合わせや配置、色使いなど勉強になるな〜。
感性を刺激されたらおなかがすいた…ということで、次はひと休み@久喜です♪
[PR]
by banoffi | 2010-07-06 08:00 | ちょいとおでかけ

花いっぱいの『ブルーフェスティバル』@久喜

c0204571_132651.jpg

一面のラベンダー! 
…でも北海道ではなく、
プロヴァンスでもノーフォークでもない(笑)
埼玉県は久喜市菖蒲町で行われている、
『ブルーフェスティバル』に行ってきました。
こちらは「あやめ・ラベンダーの里」なのですって。
菖蒲町だからあやめはわかるけど、ラベンダーは初めて聞いたので、
正直「どんなかしら…」と思って行ってみたのですが、
良い方に裏切られた(笑)  こんなにいっぱいのラベンダーが!
c0204571_1362447.jpg

田園風景が広がるのどかな菖蒲総合支所付近に、
ラベンダーが34000株(すごい数じゃないですか?)育成されています。
青紫の世界と癒される香りに包まれて、いい気分♪
c0204571_143851.jpg

↑白いラベンダーなんて初めて見た!
他にも様々な系統のラベンダーが植えられていました。
それにしても、湿度も暑さも厳しい関東・埼玉で、ここまできれいに
ラベンダー栽培(しかも大規模)ができるのですね。
管理されている方々に、頭が下がります。
c0204571_1503777.jpg

すぐ側の菖蒲城趾あやめ園には、これまた30000株のあやめが。
残念ながら見頃は過ぎてしまっていましたが…。

近くに満開の紫陽花も。
c0204571_1584876.jpg

↑こちらはアナベル。
c0204571_159294.jpg

↑こっちはカシワバアジサイですね。
白い紫陽花っておしゃれで素敵! うちにもいつか欲しいな〜。

c0204571_15923100.jpg

ブルーと白のグラデーションのきれいな花々に囲まれ、
清々しい気持ちにすっかりリフレッシュさせてもらいました♪
この後も花散歩@久喜は続きますよ〜!
[PR]
by banoffi | 2010-07-04 08:00 | ちょいとおでかけ