わが愛しの英国

何から書こうか・・・と考えていたらどんどん時間だけが経っていた(汗
やはり、大好きなことからあれこれ書いていきましょう。
My best 1 は、やはり「英国」ですね。

c0204571_13597.jpg


どうしてこんなに英国という国にのめりこんだのか・・・
私を知る人にもよく言われる一言。
「だって食べ物も美味しくないんでしょ、天気も悪いし」
ええ、確かに美味しくない食べ物も存在します(多数)。
天気もころころ変わりますしね。 

でもそれ以上に、美味しいものもいっぱいあるのです!!
英国伝統のフル・イングリッシュ・ブレックファストや、
ホームメイドのケーキやスコーンで楽しむお茶の時間、
小腹が減った時の揚げたてのフィッシュ&チップス・・・! etc.
ああ、書ききれない(こんな時間なのにおなか減ってきた)

そして、子供の頃から大好きだった数々の児童文学の舞台、英国。
ページをめくっては、あれこれ想像していました。
どんな所なんだろう、この食べ物はどんな味なんだろう、
どんな人たちが暮らしているんだろう・・・?

「いつか、大人になったら、必ずここに行く!」

夢がどんどんふくらんで、大人になり(かけ)、
やっとこお金を貯めて実行した初の英国への旅。
ロンドン上空から、町並みを窓越しに見下ろした時は
感動して涙が出ました。

その旅で、想像していた以上の事も以下の事もあったけれど、
毎日がほんとに楽しくて、

「ああ、私はこの国がとても好きだなあ」

と、改めて実感しました。 そして、

「もっとあちこちまわってみたい、一人旅をしよう!」

と・・・。

その後、仕事と時間とお金をやりくりしては、渡英をくり返し、
現在の英国フリークのbanoffiができ上がるわけです。

「もし前世があるならさ、きっと中世の英国にいたと思うんだよね〜」

と夫に口走り、軽く引かれる位なんてことないくらいの(笑)
さすがに彼は長年聞かされているので慣れましたが。
[PR]
# by banoffi | 2009-10-01 01:09 | my favorite

はじめまして

どきどきですが、はじめてみます。
どうぞよろしく!
c0204571_0401095.jpg

[PR]
# by banoffi | 2009-09-10 02:03