TESCOのケーキミックスを焼いてみる ①スコーン oishii

英国の小麦粉は、日本のものとちょっと違います。
ベーキングパウダーが最初から混ざった状態の
「セルフ・レイジングフラワー」がお手軽に使われていて、
ベーキングパウダーなしの「プレーン・フラワー」ももちろんありますが、
どちらとも、粉の触感は粗めで水分が多い感じがします。
対して、日本の小麦粉は精製がきめ細かくさらさら。
なので同じレシピで作っても、違いを感じます。
日本の粉だとちょっとお上品に仕上がるようなw
c0204571_19552535.jpg

さて、これは以前購入したTESCOのスコーンミックス。
牛乳を混ぜるだけの簡単調理。
冷やしたバターを細かくして粉と馴染ませる作業=rub inもいりません。
あえて言えばクロテッドクリームはないとねっ、と買いに走りました。
(日本で一番入手しやすいタカナシのクロテッドクリームだけど ^^;)
c0204571_2024752.jpg

熱々の焼きたてスコーンとたっぷり紅茶でクリームティー♪
思ったよりふくらまず…むがっとオオカミの口にするには
もっともっと分厚くてよかったですね。
でも食感は英国でよく食べた感じ、もそっと&ぼそっとで
村の小さなティールームとかスーパーで売ってるものに近くて、
ちょっとうれしいお茶の時間でした(^^)
[PR]
# by banoffi | 2012-05-06 20:20 | sweets

雨のGW

雨が続きますねー。
わたしは母とお出かけしたり、片付けものしたり、庭仕事したり…うち近辺でゆっくりするGWでした。
c0204571_910104.jpg

久々にドトールで朝ごはん。
今のBセット、エビとツナサラダ美味しい(^^)
さてこれから仕事です。がんばるぞっ
[PR]
# by banoffi | 2012-05-04 08:57 | 日々雑感

お久しぶりです!

c0204571_233232100.jpg

元気です〜!!

久しぶりの更新、ごぶさたしていました。
留守の間訪問頂いていた皆さま、ありがとうございます。

冬の終わりにまたも体調をくずし(今年は絶対インフルワクチン接種!)、
そのまま春の繁忙期に突入、あっという間にGW(~_~;)

園芸家の吉谷桂子さんの本に、「誕生日目前はへとへとで疲れきっているけれど、
誕生日を過ぎると元気になる」というような記述がありました。
なんだかとてもわかる気がします。
わたしは春生まれなので、春を迎えると少しづつ
元気や気力が再チャージされていく感じがするものなあ。

スイセン、スノードロップ、菜の花、桜…
みんないっぺんに来た感じの今年の春でしたね。
冬が厳しいとその分頑張って冬を越した植物達、美しくなるのかな。
c0204571_23583749.jpg

なんということはない、道ばたの春もこんなにカワイイ。
みんなでわらわら集まってるみたいですねww
[PR]
# by banoffi | 2012-04-27 00:19 | 日々雑感

うちの守り猫

トルコ出身ですにゃ
c0204571_1432466.jpg

イスタンブールのバザールで一目ぼれ。
魔よけにナザールボンジュを首にさげてみました(^^)

買ったものの、バックパッカーだし、
移動時の持ち運びがめっちゃ不安だったんですよ。
お店でプチプチに包んでもらったけど、
これがまた薄めのプチプチで若干心配(笑)
なので自分の服やらタオルやらでぐるんぐるんに包んで
大事に大事に連れてきました。
いつかまたトルコに行けた時には、似てる子を探して、
左右のペア(赤毛のアンのゴグとマゴグみたいな←わかる人いるかしらw)
にできたらいいな~なんて、思ってます(^^)
[PR]
# by banoffi | 2012-02-16 00:00 | my favorite

『家族の庭』

2011の12月に観て、UPしそこねていた一本です(^^;;
家族の庭(Another year)』('10)
邦題はハートウォーミングな感じだけど…実は結構辛口な話。
(日本版コピーにもちょっと違和感が…)
マイク・リー監督ものって、リアルな人生の厳しさを
これでもかって描くんですよね。もう意地悪なくらい。
観たあと結構どっとくるので、まあ初期のデート向けではないですね(^^;;

堅実で理解し合えるパートナーと家庭を築いていて、
休日は市民農園で野菜作りを楽しむ主人公の夫婦(トム&ジェリー←‼)
対してジェリーの同僚メアリーは、男運がない、孤独で
とことんついてない独身女性として描かれてる
(これはトムの友人ケンや、兄も同様)。
正直、いつも自分の話ばかりで会話もぶった切り、
年齢を顧みず友人の息子にまで見境なく色気を出し、
喫煙がやめられずどこでもタバコを吸い、酒に飲まれるメアリーは、
見ていてつらくなるほど。自分で物事をやっかいにしているような。
けどね、誰だって、人生の選択やタイミングや様々な要素が絡み合い、
トム&ジェリー側にもメアリー側にもなりうる。
そう考えると、やっぱりトム&ジェリー側の方がいいよなあ、と思うわけです。
だって、ラストシーンの家族団欒の中でのメアリーの寂しそうな顔…
あの後、メアリーは変われたのだろうか?
幸せになっていたらいいのだけど、と思う。
メアリー役のレスリー・マンヴィルが強い印象を残します。
[PR]
# by banoffi | 2012-02-14 00:00 | drama & cinema(UK)