タグ:英国のお菓子 ( 6 ) タグの人気記事

TESCOのケーキミックスを焼いてみる ①スコーン oishii

英国の小麦粉は、日本のものとちょっと違います。
ベーキングパウダーが最初から混ざった状態の
「セルフ・レイジングフラワー」がお手軽に使われていて、
ベーキングパウダーなしの「プレーン・フラワー」ももちろんありますが、
どちらとも、粉の触感は粗めで水分が多い感じがします。
対して、日本の小麦粉は精製がきめ細かくさらさら。
なので同じレシピで作っても、違いを感じます。
日本の粉だとちょっとお上品に仕上がるようなw
c0204571_19552535.jpg

さて、これは以前購入したTESCOのスコーンミックス。
牛乳を混ぜるだけの簡単調理。
冷やしたバターを細かくして粉と馴染ませる作業=rub inもいりません。
あえて言えばクロテッドクリームはないとねっ、と買いに走りました。
(日本で一番入手しやすいタカナシのクロテッドクリームだけど ^^;)
c0204571_2024752.jpg

熱々の焼きたてスコーンとたっぷり紅茶でクリームティー♪
思ったよりふくらまず…むがっとオオカミの口にするには
もっともっと分厚くてよかったですね。
でも食感は英国でよく食べた感じ、もそっと&ぼそっとで
村の小さなティールームとかスーパーで売ってるものに近くて、
ちょっとうれしいお茶の時間でした(^^)
[PR]
by banoffi | 2012-05-06 20:20 | sweets

スティッキー・レモンケーキ

c0204571_19543485.jpg

部屋中にレモンの香り漂い…一足先の春のよう、シアワセ。

以前、リプトン・ブルックボンドハウス
(紅茶好きがこうじて、ティーコーディネーターを取りました)
のイベント講座で、英国関連の書籍を多く出版されている、
ハーブ研究家の北野佐久子さんに教えていただいて以来、
何度も何度も焼いているケーキ。
我が家の定番になりました(^^)
ちょっとアレンジして、レモンピール&オレンジピール入り。
このアイシングがレモン風味でまた美味しいので、
ついついたっぷりかけてしまう。
でもこれがなくっちゃ”Sticky"=ねばねば、べとべとの意
じゃないものね〜と、自分で自分に言い聞かせる(笑)
職場&自宅のおやつ用になりました♪
[PR]
by banoffi | 2012-01-24 19:00 | sweets

TESCOのRich Tea Biscuits

この薄くぱりっとした、「いかにもビスケット」らしい王道のビスケット。
マリービスケットに似ているけど、もっとあっさりしている様な?
日本のTESCO Expressにて購入。
c0204571_051123.jpg

日本のものに比べると、パッケージもシンプル(笑)
一度開封するともれなく全部出てくるので、この時期は湿気に注意ですね。

ビスケット…忘れられない思い出があります。
ホームステイ先のキッチンの棚には、
様々なビスケットが入った大きなタッパーがあり、
(おそらく、一度開封したビスケット達の行き先だと思われる)
一日に何度もあるお茶の時間に、ちょっと一口甘いものという時に
さっと取り出す…昔の日本のお茶うけみたいなものかなあ。
ある日、ホストファーザーと二人でお茶していたときのこと。
「dunkする(=ビスケットを紅茶にひたす)とウマイぞ!」と
こっそり教えてくれたのです。
"Not polite,but good"(行儀は悪いが、味はウマイぞ!)
きっとホストマザーがいないときにこっそりやっているんだろうなあ〜と
思いうかべたら、おかしいやら微笑ましいやら。
もちろんその時は二人そろって「dunk」して食べました。
そして、今でもビスケットを見ると、
ついあの時のことを思い出して、一人にやにやしてしまうのです♪
[PR]
by banoffi | 2010-07-15 08:00 | 外国のSuperMarket

ブラウンズホテル ”ティートリアル in Japan”

c0204571_23523126.jpg

自由が丘のティールーム『St.Christophers Garden』にて開催された、
ブラウンズホテルの"ティートリアル in Japan"に参加してきました。

ブラウンズホテルとは、英国好きな方なら誰もご存知であろう、
ロンドンの老舗&最高級ホテル。
また2009年のロンドンホテル・トップ・ティー・プレイスでもあるのです!
かのアガサ・クリスティーは、このホテルを舞台にして、
小説「バートラム・ホテルにて」を書きました。
「いつかここでアフタヌーンティーしたいな〜」と思いつつ、
基本バックパッカーの私には大変贅沢すぎる空間だったので、
まだ未訪問のティールームだったのです。
そんなブラウンズホテルのパティスリー・ヘッド・シェフである、
ファビアンさんが来日してのイベント!!
日本でこんなイベントに参加できるなんて…本当いい時代になったなあ〜。

当日はブラウンズホテルのアフタヌーンティーで実際に供されている、
「スコーン」「ビクトリア・スポンジ」「ダンディー・ケーキ」と
「ストロベリージャム」を、ファビアンさんが目の前で
次々とデモンストレーション。
英国菓子は素朴で簡単なイメージだけど、実際作っている所を
見られるのはとても勉強になります。
生地の状態や、日本で作るのに気をつけることなど…。

一つ残念だったのは、人で途中ちょっとデモが見にくかったのです(泣)
(せっかくの写真もあんまりいい出来じゃなかったし…)
そんな中のスコーンがコレ↓
c0204571_0213783.jpg

そしてダンディー・ケーキとビクトリア・スポンジ↓
c0204571_0241231.jpg


デモの後はお待ちかねのティー・タイム!
ファビアンさん自らがサーブしてくれます。
でもスリー・ティアーズじゃないのね、盛りつけが素朴だった(笑)
c0204571_0265538.jpg

スコーンはまさにホテル・サイズ、上品な大きさ。
食感はしっとり、ほろっと。さすがのお味…。
せっかくのクロテッドクリームが余ってしまったのがもったいなかったわ〜。
ダンディー・ケーキとビクトリア・スポンジも美味しくいただきました。
紅茶がすすむことすすむこと!

この他に、カナッペ、ミニキッシュ、サンドウィッチが続々。
他にもグラスデザートやケーキもあった様だけど、
さすがにお腹いっぱいで食べられず…んー、無念。
ティー・タイムの間、ファビアンさんが通訳さんと各テーブルを回ってくれ、
色々質問に答えてくれたのもよかったです。
そして、このティー・タイムでテーブルをご一緒したEさんと
英国話で大盛り上がり!  倍楽しい時間になりました♪

イベントのお土産もいっぱい戴きました。
c0204571_0452052.jpg

   *紅茶(こちらのティールームのもの、Royal Breakfast)
   *Prestatのシャンパン・トリュフチョコ
   *Virgin Atlanticのパッケージに入ったPartridgesのティーバッグ
後二つは英国王室御用達ブランドのもの。チョイスが素敵ですね〜。
久々に英国を堪能したひとときを過ごしました。
そして「いつかブラウンズホテルでアフタヌーンティー!」の夢は
ますますふくらむのでした♪
[PR]
by banoffi | 2010-06-06 08:00 | sweets

春はあっという間に

しばらくえらく忙しい日々が続き、時間と心の余裕がないままに…
すっかりブログから遠ざかっていました。
そんなこんなしてたら、もう5月も後半なんて。
年をとる毎に、時間の流れる早さが加速しているよ〜。
いかんね、時間を大事にしなくては。

そんな中でも、1年で一番いい季節を逃したくなくて、
なんとかお楽しみをちょこちょこと見つけた。

c0204571_040658.jpg

三月末は『英国菓子講座』に参加して、
イースターのシムネルケーキ&シュルーズベリー・ビスケットを習ってきた。 
イースター、今年こそはイースターエッグチョコ買うんだ!と
思っていたのにタイミング逃して終了…。
イギリスじゃあちこちで売っているのにねえ(涙)

c0204571_0412161.jpg

そうだ、今年のお花見は鎌倉に遠出したのだったわ。
いいお天気の週末、久々のお出かけ。楽しかったな。
美味しいものをいっぱい食べ、風情のある街を歩き、
様々な花を愛で、久々に海を見た。
c0204571_0423068.jpg

長谷の海岸沿いにある、cafe&bar麻心
(←大きな窓で気持ちいい眺め!)で飲んだ
「ハニージンジャーレモン」が美味しくて大満足♪

c0204571_0452843.jpg
c0204571_0454334.jpg

4月、今年初めての開催という
「東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー」に行ってみた。
立川ってなかなか普段行かないエリアなのだけど…
行ってみたかったパン屋さんも込みで(笑)←これは後日別記事で!
お天気だったのでピクニック気分、のんびり過ごせました。

c0204571_0463556.jpg
c0204571_0465586.jpg
c0204571_047878.jpg

あとは庭仕事をちょこちょこやってます。
初心者ガーデナーだけど、去年よりは植物とのつきあい方がわかってきたかな?
あまり多大な期待はせず、気長に、そして何より楽しんでやるのがいいみたい…。

↑これ、ブログも同じかな。というか、結構いろいろなことに通じるかも。
気長に、無理せず、楽しむ! 
余裕がないときこそ、こういう気持ちでいたいな〜。
[PR]
by banoffi | 2010-05-25 00:56 | 日々雑感

八ヶ岳旅行2009 ②蓼科・バラクライングリッシュガーデン

今回のメインイベント!

c0204571_072033.jpg


ちょうど「ダリア・ウィーク」の真っ最中!
いろんな種類のダリアがいっぱい、こんなにあるのね〜。
小振りなコや、大柄なコ、おとなしやかなコ、派手目なコ・・・
ダリアって、英国のカントリーサイドによく似合います。

c0204571_0125018.jpg


ほれぼれ〜  美人さんです。
それにしても、我が家のダリア、こんなにきれいに咲いてない様な・・・
(放任主義だから当然!?)
やっぱりプロのガーデナーはすごいなあ、としみじみ。

きれいな花々に癒された後は、やっぱり「だんご」です。
わたしのもう一つのお目当てはコレ↓

c0204571_018579.jpg


はるばる、英国はヨークシャー・ウィットビーからやってきた、
Botham'sのお菓子。
日本で買えるチャンスがあるなんて嬉しい!
今は日本でも輸入食材のお店が増えて嬉しい限りだけど、
こういうまだあまり知られていない名店の出店があると、
「これは行かなくっちゃ!」という気になりますね。
買ったビスケットとケーキはまだ温存中、大事に食べます。

c0204571_0365637.jpg


秋らしく晴れた高い空の下で、とてもいい1日を過ごせました。
[PR]
by banoffi | 2009-10-08 00:41 | travel