タグ:UK ( 31 ) タグの人気記事

ロンドンオリンピック・開会式

c0204571_23482319.jpg

ロンドンの街中が映るマラソン。
見ていて楽しい!

オリンピック真っ最中の8月、連日睡眠不足の方も多いのでは。

開会式、出勤前に一部見れたけど、おもしろかったですね〜!
演出やセットの凝り具合、いかにもイギリスだな〜と、
めっちゃ微笑ましかったww
Mr.ビーンに朝から爆笑。
またクイーン&ボンドは粋でしたね~。コーギーもちゃんと演技してた!

ただ式が夜遅く&長かったんでしょうね、
選手入場のラストで英国の番がきて、
カメラがクイーンに切り替わった時、
あいにくうつむいて爪をいじっている所を
撮られてしまったのは、ちょっとお気の毒な気もしたのでした。

まだまだ続くオリンピック、この夏の楽しみですね~(^O^)/
[PR]
by banoffi | 2012-08-05 23:08 | 日々雑感

ロンドンオリンピック!

印象派の絵画の様な空だった、夕暮れのロンドン。
c0204571_2322095.jpg


いよいよロンドンオリンピックが迫ってきましたね~。
今年はダイヤモンドジュビリー&オリンピックイヤーとあって、
現地はもちろん大盛り上がりと思いますが
(ロンドン中にユニオンジャックがはためいている様、壮観だった!)
おかげで、日本でもここ最近イギリス関連の番組や
出版物が多くてhappy\(^o^)/
番組は録画して毎日日替わり定食の様に楽しんでますw
が、こともあろうにシャーロックシーズン2の初回を見逃してしまいました(涙)
なんたることだ!! オンデマンドのお世話になるしかないか…

オリンピック、ロンドンの街並が見れるマラソンが
楽しみだなあ(邪道ですねw)
開会式はダニー・ボイル監督演出だそうで、
ベッカムが出るとか、ポール・マッカートニーが歌うとか。
はたまたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が出るかも⁈
とかいうウワサも←これ本当だったら相当ステキ♡
ちなみに歴代のボンドだったら、ピアース・ブロスナン派のわたしです(^^)
[PR]
by banoffi | 2012-07-26 23:53 | 日々雑感

『17歳の肖像』

『17歳の肖像(An Education)』('09)
1960年代初頭のロンドン。
女性が進学することを「投資」といいきるお金にうるさい父と、
父には逆らえないおとなしい母と、
優等生の一人娘ジェニー。
そこに出会った年上の男性デイヴィッド。
音楽会、週末のドライブ、憧れのパリ!と、ジェニーにとって
未知の世界を次々と見せてくれ、すっかり魅了される。
けれど彼とその仲間は別の顔も持っていて…。
予想される展開…でも年頃の女の子には非常に魅力的だものなあ。

よかった場面は、
口うるさく自分のことしか考えてないようだった父が、
実は自分の劣等感を娘に与えたくなかった一心だった…
ということがわかるシーン。
娘の部屋のドアの前に、そっと置かれた紅茶とビスケット。
父の不器用な愛情にうるうるきます。

それと、ジェニーが先生のフラットを訪ねるシーン。
部屋や本棚ってその人となりを表しますね。
オールドミスの先生を一時馬鹿にしていたのに、
その先生のフラットは、お金持ちでなくても、
心地よくセンス良いもので満ちあふれる空間だった。
誇れる仕事を持った自立した女性=
自分がこうありたい人であったこと、に気づく。
青い鳥みたいですね。
求めるものは遠くではなく、実は近くにあった。
「助けてほしい」というジェニーに
「その言葉を待っていたのよ」という先生。

色々あっても人生立て直したジェニー、やっぱり女の人は強いなーと。
ジェニー役のキャリー・マリガン、
『ブリーク・ハウス』『ミセス・プリチャードの挑戦』
の頃はまだまだあどけなくかわいいけど、
大役が続き、最近は結婚もと順風満帆ですね。
今後楽しみな女優さんです。
[PR]
by banoffi | 2012-05-12 00:00 | drama & cinema(UK)

『家族の庭』

2011の12月に観て、UPしそこねていた一本です(^^;;
家族の庭(Another year)』('10)
邦題はハートウォーミングな感じだけど…実は結構辛口な話。
(日本版コピーにもちょっと違和感が…)
マイク・リー監督ものって、リアルな人生の厳しさを
これでもかって描くんですよね。もう意地悪なくらい。
観たあと結構どっとくるので、まあ初期のデート向けではないですね(^^;;

堅実で理解し合えるパートナーと家庭を築いていて、
休日は市民農園で野菜作りを楽しむ主人公の夫婦(トム&ジェリー←‼)
対してジェリーの同僚メアリーは、男運がない、孤独で
とことんついてない独身女性として描かれてる
(これはトムの友人ケンや、兄も同様)。
正直、いつも自分の話ばかりで会話もぶった切り、
年齢を顧みず友人の息子にまで見境なく色気を出し、
喫煙がやめられずどこでもタバコを吸い、酒に飲まれるメアリーは、
見ていてつらくなるほど。自分で物事をやっかいにしているような。
けどね、誰だって、人生の選択やタイミングや様々な要素が絡み合い、
トム&ジェリー側にもメアリー側にもなりうる。
そう考えると、やっぱりトム&ジェリー側の方がいいよなあ、と思うわけです。
だって、ラストシーンの家族団欒の中でのメアリーの寂しそうな顔…
あの後、メアリーは変われたのだろうか?
幸せになっていたらいいのだけど、と思う。
メアリー役のレスリー・マンヴィルが強い印象を残します。
[PR]
by banoffi | 2012-02-14 00:00 | drama & cinema(UK)

デンビーの食器 kawaii

これは、うちのデンビーちゃん。
c0204571_20571066.jpg

外側がつやつやしている飴茶色、
内側がペールブルーのコントラストがきれいなHOMESTEAEDというシリーズ。
ぽってりとしてて、いかにも素朴な感じがかわいいです。
結構ずっしりとしているのも
「オーブンどんとこい!」って感じで、なんだかたのもしい(^^)
[PR]
by banoffi | 2012-02-12 08:00 | antiques

BBC『シャーロック』が相当面白い件

具合悪いと、何かをする気力が一気にダウンしますね。
今回体調崩した間、寝るか起きるかという病院みたいな生活がしばらく続き、
少し良くなってきてもTV観る位しかできず。
そんなこともあり、撮りためていた録画をずいぶん消費しました。

2011年8月にNHK BSでやっていた、
BBCドラマの『シャーロック(SHERLOCK)』もその一つ
(どんだけ貯めてるのかw)
正直あまり期待しないで観ていたら
(ご多分にもれず、わたしの脳内シャーロックはジェレミー・ブレット氏なので)
これが結構はまってるというか、うわー見事にやられた!

舞台はビクトリア朝ではなく、現代のロンドン。
シャーロックもワトソンにしても、
iPhone持ちでばんばん検索するし、
ブログやらHP持ってたり、禁煙してるし、
アヘンの代わりにニコチンパッチ三枚だし、
どこに行ってもゲイカップル扱いされてるし(暴)
当時と現在の差を上手く活かしつつも、
原作の人物特徴をすごくよく出してるのが伝わってきて楽しい。

シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチは天才で変わり者、
繊細で時に危なっかしい所も見せる…まさにはまり役。
鋭い眼差し、細身のコートをひるがえして街を闊歩する姿は
現代シャーロックイメージにぴったり。
そしてジョン・ワトソン役のマーティン・フリーマンがまたいいんです~。
なんだかんだいいながらも、シャーロックをフォローする
(ついていく)所が大変キュート♫ 現実世界とシャーロックのかすがいの様な…
このコンビは名キャスティングですね。
レストレード警部役にルパート・グレイブスっていうのもnice(#^.^#)
←個人的に好きなのでうれしい。

ストーリーはオリジナルだけど、所々に原作を思い出させるセリフ
(ボヘミアやらオレンジの種やらブルースパディントン設計書やら)があったりと、
シャーロッキアンもこれは夢中になること間違いなしでは(^^)

今回観たのはシーズン1の全三話。
三話ラスト、そこで終わるんー⁈⁈っていう蛇の生殺し状態で、
早く続きが観たいー‼と思ったら、
本国イギリスではちょうどシーズン2のDVDが近日発売なんですね。
う、うらやましい…。
日本でも早く!NHKかミステリチャンネルで放送してくれないかなー。
[PR]
by banoffi | 2012-01-21 20:07 | drama & cinema(UK)

TESCOで買ったもの

ちょっと記事が前後してます(^^;;
先日UPした、TESCO日本撤退前の駆け込みで買ったものをメモってみます。
c0204571_16544275.jpg

*スコーンミックス
*パンケーキミックス→ヨークシャープディングも出来るということでそれ狙い。
*ブラウニーミックス
*ビスケット(ジンジャー、ココナッツ)
*紅茶(イングリッシュブレックファスト、アッサム、クオリティ)

これら自分用の他、同じく英国好き仲間の友人用貢ぎもの&
頼まれものも併せて購入なので、結構大量に(笑)
写ってないけど、エコバッグが手持ちのと違う柄があったので、もちろんGET。
これらのブツを入れて持ち帰りました~(*^^*)
[PR]
by banoffi | 2011-10-12 17:00 | 外国のSuperMarket

三越英国フェアへ!

c0204571_1274666.jpg

日本橋三越の英国フェアへ行ってきました♪
長年、必ず行っている秋のお楽しみイベントです。
それが去年から二年に一度の開催になってしまい(泣)
待ちに待ったー!という感じ。

催事場いっぱいに、食品、雑貨、衣類に宝飾品…と
英国ブランドが並びます。
デパートなので定価販売ですから、お得感は正直ないです、が
これだけ多くの英国モノが一堂に集まるのは、日本ではそうない。
それにあまり日本では出回らないようなものを入手できるのが
なんといっても楽しみ(^^)

今回は、Walkersのショートブレッド入りトランク缶をgetしました♪
これははじめて見たタイプ&可愛い缶に目がないので即決。
c0204571_130199.jpg

何入れようかな〜(^^)

以下、めずらしく辛口かも。私見です。
[PR]
by banoffi | 2011-10-09 00:00 | ちょいとおでかけ

ソルト&ヴィネガーは英国の味♪

英国定番のポテトチップ、 Walkers の"Salt and Vinegar" crisps。
スーパーでも、駅の売店でも、街角でも。
どんなところでも売ってる(笑)
これとチョコバーは、見るとつい買っちゃうアイテム。

あつあつのフィッシュ&チップスに、
どばどばとモルトヴィネガーと塩を振り入れて、
味がしみてしなしなになったチップスの味(爆)
(英国ではフライドポテトをチップスといい、
ポテチをクリスプスと区別するのを、
初めて知った時はおもしろいなあと思いました)
酸っぱしょっぱい。あれは、クセになる味ですよね〜。
c0204571_017953.jpg

カルビーのポテチの期間限定「シークヮーサー塩ぽん味」がね、
Walkersのそれに激似なんですよ。
「すっぱむーちょ」よりも、味も食感も近いような。
期間限定なのが残念〜。
英国好きさん、トライするなら今です(^^)
[PR]
by banoffi | 2011-09-13 00:22 | 日々雑感

この秋放送予定のお楽しみ

AXNミステリーで『華麗なるペテン師たち(HUSTEL)』の
シーズン2・3が、なんと10月からあいついで放送決定〜! 
楽しみにしてたのでうれしーい♪
ロバート・ヴォーン演じるアルバートおじいちゃんと、
ジェイミー・マリー演じる美人で切れ者のステイシーが
わたしのお気に入りキャラです。
吹替もイメージに合っていて、イイ! 

そして、『グッド・ワイフ』シーズン2も!(←これはUKじゃないけど)
10/7〜NHK BSプレミアムにて放送とのこと♪
長いこと待つことにならなくて、よかった〜(^^)

秋の夜長の楽しみが増えました♡
[PR]
by banoffi | 2011-09-08 08:00 | drama & cinema(UK)